ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ハードディスクのチェック
promo-short
promo-long
promo-first-time

ハードディスクのチェック


パソコンのWindows のプログラムをはじめ、ハードディスクにはほとんどのデータが存在しています。ハードディスクのファイルを読み書きしている時、何らかの拍子にファイルが壊れてしまうということがあります。いつも使っているプログラムなのにいつもよりおかしな動きをする、と感じたらファイルが壊れていることを疑ってみてください。


ファイルが壊れていると、プログラムが途中でフリーズしたり、エラーで終了してしまったりすることがあります。ファイルが壊れているかどうかは、「ディスクチェック」で確認することができます。マイコンピュータからドライブを選択し、右ボタンクリックでプロパティを表示させます。そして、ツールの中のエラーチェックで「チェックする」をクリックします。これによって、ファイルが壊れているかどうかのチェックができます。実行する時に「エラーを自動的に修復する」を選んでおけば、後はパソコンが勝手にやってくれます。ディスク容量が大きい場合や、ファイルがたくさんある時には時間がかかりますので、時間に余裕のある時夜間などに行ってください。


ファイルが壊れているだけであれば、修復して元通りになることが出来ますが、ハードディスクの内部に傷が入ったりしている場合は、修復は不可能となります。ハードディスクは、そのようになると「不良セクター」というラベルを張って、永久に使用しないという仕組みになっているのです。通常の使用で、特に問題のあるようなことをしない限りは、ハードディスクが壊れることはありません。しかし、いきなり電源を切るとか、衝撃を与えるといったことは危険性が高いので、可能な限り避けてください。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル