ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ハードディスクの故障
promo-short
promo-long
promo-first-time

ハードディスクの故障


パソコンに使われているハードディスクは、CDのような円板が高速で回転しながらデータを読み書きしています。ですから、ちょっとしたはずみで壊れることがあるのです。ハードディスク全体が壊れるのではなく、時々何となくおかしな動きになるといった症状で現れます。少しでも、使っていておかしな動きを感じたら、見逃してはいけません。


ハードディスクのおかしな動きというのは、具体的には、時々パソコンが立ち上がらない、プログラムがいきなり終了してしまう、パソコンから変な音がするといった症状が多いようです。そのような時は、ハードディスクが壊れ始めている可能性があります。それをチェックするためには、以下のような方法があります。


「ディスクチェック」は、ハードディスク内のデータが正常に書き込まれているかを調べるものです。その手順としては、まず、マイコンピュータを開きます。「C:」を選択してマウスの右クリックをします。メニューから「プロパティ」を選択します。そして、「ツール」の「エラーチェック」の欄の「チェックする」をクリックします。


ファイルを開いている時などはチェックできないことがあるため、チェック中はパソコンを使えないので注意しましょう。チェックすることは、同時に、自動的におかしなファイルを直してくれます。このチェックで時々エラーが表示されているようであれば、ハードディスクに寿命が着ていると考えてください。通常であれば、エラーは起こらないはずだからです。その場合は、ハードディスクの買い替えや増設といった手段を取ることになります。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル