ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ハードディスクの故障
promo-short
promo-long
promo-first-time

ハードディスクの故障


パソコンのデータ保存用として、全てのパソコンについているのがハードディスクです。ハードディスクの内部では、CDのような小さな円板が高速で回転しています。パソコンが動いている間は常に回転していますから、内部の温度はかなり熱いです。パソコンにはファンが付いていて、回転しながら中の温かい空気を外に吐き出すことで、内部の温度が上がらないように工夫されています。しかし、ファンの吹き出し口を本などでふさいだりすると、あっという間に内部の温度は内にこもり、上昇するので危険です。


ハードディスクは、外気の吸い込み口などは机のほこりを吸い込んだりしやすいです。時々、掃除などをしておかないと、そこが目詰まりしてしまいます。そうすると、温度が高くなりすぎてしまいトラブルを招きやすいです。ハードディスクは高温に耐えられるように作られてはいますが、高温が連続すれば寿命が縮むことが予想されます。


ハードディスクが壊れた時のためのバックアップは当然必要ですが、実は、使い方を適切にしておけば、そう簡単には壊れないようにできているのです。内部の温度が上がりすぎないように、空気の流れを遮断していないかを常にチェックするようにしましょう。


ノートパソコンなどでは、机にじかに置くのではなく、机との間に隙間を作るようにした方がよいでしょう。ノートパソコンの裏側を見てみますと、スタンドを立てられるようになっているはずです。そのスタンドを立てることで、底面に隙間を確保することができるのです。もし、スタンドが折れていたりするのであれば、本などの適当なものを下に敷くようにして、隙間を作ってください。このような適切な方法でハードディスクを長もちさせましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル