ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ディスクのクリーンアップ
promo-short
promo-long
promo-first-time

ディスクのクリーンアップ


パソコンのハードディスクは、技術の進歩によって、かなり大容量になっています。ですから、一般的にパソコンを使用している限りは、データが満杯になるということはないでしょう。しかし、無駄なものがハードディスクの中に溜まってくると、Windowsのスピードが遅くなったりします。ですから、時々はファイルの整理が必要です。


ファイルの整理ということについて、解説をしましょう。


マイコンピュータを開くと「C:」や「D:」という表示が出てきます。これはドライブといって、ハードディスクの中を区分けしたものです。同じハードディスクではなく、複数のディスクで構成されている場合もあります。USBメモリーなどを入れた時に出てくるのも、ドライブです。このドライブを選んで右ボンタンを押して、プロパティを表示させます。そして「ディスククリーンアップ」を選びます。


ディスククリーンアップを実行することにより、これまで使用してきた様々なファイルをすっきりと掃除することができます。一番容量が大きいのがインターネットエクスプローラの一時ファイルというものです。これは、インターネットをアクセスした時の画像ファイルやホームページのデータなどが入っています。もう一度同じホームページを開いた時に、素早く開くことができるようにするためのものです。


その他にも、色々なファイルがクリーンアップの対象となっています。特に意識をしていないのであれば、全部クリーンにしてしまってもかまいません。不要なデータがあるとトラブルの基になりますから、時々はクリーンアップを行いましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル