ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  パソコンが遅い
promo-short
promo-long
promo-first-time

パソコンが遅い


パソコンのプログラムは、ほとんどがハードディスクに入っています。ハードディスクの性質として、容量は大きいがスピードはそれほど速くないという特徴があります。データを修正するという作業は、該当のファイルを消してから書き直すのではなく、別の場所に新しくファイルを作成するという仕組みになっています。そして、元のファイルは未使用のマーキングをします。


パソコンを長期間使用していると、買ってきた時よりも処理速度が遅くなってくることに気づいてくるはずです。これは、ファイルの修正が行われて、未使用のマーキングの部分がハードディスク内の至るところに散らばった状態になったために起こる現象です。このファイルが散らばった状態のことを「ファイルの断片化」と言います。


ファイルの断片化の場合、プログラムの動きとしては支障ないのですが、スピードの低下が気になります。それを解消するために行なうのが、「ファイルの最適化」です。最適化の実施によって、ハードディスクに対する処理速度は向上します。あなたがパソコンのスピードに関して、特に問題を感じていないのであれば、何もする必要はありません。しかし、スピードの低下が最近気になる、というのであれば、ファイルの最適化を行ってみましょう。


ファイルの最適化のやり方は、まずマイコンピュータを開いて「C:」と表示された部分のプロパティを開きます。「ツール」の最適化をクリックすれば、最適化が実行されます。後は特別な操作は必要ありませんし、パソコンでの作業を進めても問題ありません。最適化の処理自体はかなり時間がかかりますので、可能であれば夜中などに実行することをお勧めします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル