ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  バックアップの方法
promo-short
promo-long
promo-first-time

バックアップの方法



パソコンのハードディスクは、技術が進歩したことにより、容量が大変大きくなっています。皆さんも、たくさんのデータをパソコン一台に入れていることでしょう。しかし、ハードディスクというものは、所詮機械ですから、いつかは壊れてしまいます。しかも、突然に。その時に悲惨なことにならないように、普段からデータのバックアップをすることが大切です。


データをバックアップするには、様々な方法がありますが、主なものを紹介しましょう。バックアップのやり方は、大きく二通りに分かれます。


ひとつ目は、「コピーをする」です。
単純に、Cドライブにあるファイルやフォルダを、Dまたは他のドライブにコピーすると言うやり方です。バックアップしたいものを「コピー」して、バックアップ先に「貼り付け」するだけです。容量が大きければある程度の時間がかかりますが、それでも数分で完了するでしょう。これは自分が手動で行うものなので、忘れてしまったり、時間が無かったり、面倒臭いからと後にしてしまうなどして出来ないこともあるので、いざという時には有効ではないかもしれません。


ふたつ目は、「自動化したプログラムを利用する」です。
バックアップを目的としたフリーのソフトなどもたくさん出回っています。ですから探してみて、自分に合ったものをチョイスしてみるのもよいでしょう。もちろん初心者向けもあります。ソフトを利用すると、様々なことができて便利です。前のデータから変更されたものだけをバックアップすれば、バックアップの時間とバックアップ先の容量を節約することができます。毎日の差分(変更したところのみという意味)のみをバックアップしておけば、一日単位で過去のデータを取り出すこともできるのです。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル