ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ファイルを消してしまったら
promo-short
promo-long
promo-first-time

ファイルを消してしまったら


データ復旧



パソコンは、毎日仕事で使うのであれば大事なデータがたくさん出てきます。しかし、ハードディスクに入れられたデータは、簡単に削除ができてしまいます。それは、ちょっとした操作ミスでデータが消えてしまう危険性があるということを意味しています。操作ミスを防ぐことは簡単ではありません。それよりも、消えてもいいような対策を取る必要があります。


バックアップは、必要なデータを別の場所に保管しておくことで、ファイルが消えてしまった時のトラブルを未然に防ぐための方法です。バックアップは、自動で定期的に行うこともできますが、そのときには、バックアップした時点でのデータしか残っていません。今作成していたデータを保存して、すぐに間違って消えてしまったといった時の場合には対処ができません。


「ファイルの復元」は、上のような場合に有効です。ファイルを削除するということは、実際にはファイルのデータがすべて存在していないかのようにまっさらに消えるということではありません。ハードディスクの構造は複雑ですが、ファイルの先頭に「未使用」の印を付けることが、「ファイルを削除する」ことなのです。この「未使用マーク」を探し出して、元に戻してやればファイルが復元されるというわけです。


ファイル復活のプログラムは、フリーのものや商品として売られているものまで様々です。初心者向けももちろん出回っていますので、購入しておくのも便利でしょう。初心者ほど操作ミスをしやすいものですが、知識がないのでこのような便利なソフトを知らない人が大勢います。クルマの保険と同じで、事故が起きてからでは遅いのです。





↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル