ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  メディアの比較
promo-short
promo-long
promo-first-time

メディアの比較






パソコンのプログラムやデータの保存は、ほとんどの場合はハードディスクが利用されています。ハードディスク以外にも、CD-ROMやDVD、USBメモリーなどが記録メディアとして使われますが、それらの違いをわかった上でそれぞれに適した使い方をすることが、トラブル回避に一番有効です。



ハードディスクの最大の特徴は、容量が大きいということです。ひとつのプログラムだけであれば、CD-ROMやDVDなどでもいいのですが、様々なプログラムとデータを保存するためには、現在の技術ではハードディスク以外のメディアは存在しません。ですから、ハードディスクのバックアップをする場合でも、最適なものはハードディスクといえます。DVD-Rなどへのバックアップも可能ですが、すべてのデータを一枚のDVDに入れることはできませんから、用途ごとに分割してバックアップをする必要があります。


ハードディスクがパソコンのプログラムを保存するために使用されるもうひとつの理由は、他のメディアに比べてスピードが速いということです。もちろん、パソコンの頭脳とも言えるCPUのスピードには及びませんが、CD-ROMなどよりもはるかに上回ります。この容量とスピードがあるために、パソコンのメインの記録メディアとしても使用されているのです。


パソコンが動いている間は、ハードディスクは常に動いています。ですから、内部の温度はかなり高くなっています。パソコンの中を開けたことのある人はご存じでしょうが、ハードディスクはずっと触っていられないぐらいの温度になっているのです。ハードディスクの大敵は温度とも言えます。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル