ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ハードディスクのバックアップ
promo-short
promo-long
promo-first-time

ハードディスクのバックアップ


ハードディスクとは、実はCDラジカセと同じような機械でできています。起動中はCDのようなものが高速回転しているので、衝撃が与えられると何らかの拍子に壊れることがあります。ハードディスクが壊れてしまうと、保存しているデータが読み出せないという事態にもなりかねません。せっかく作った文章や写真が消えてしまうことほど残念なことはありませんね。


ハードディスクに保存したもののうち、大切にしたいものや特に大事なものは、ハードディスクと別の記憶装置にコピーを取っておいたほうが良いでしょう。これを、「バックアップ」と呼びます。バックアップに使うものは色々ありますが、一般的にはCD?RやDVD?Rなどがよく使われます。


パソコンを起動中はハードディスクが高速回転しているため、衝撃を与えることは壊れる原因になります。もちろん、パソコン内部でも衝撃対策は行われていますから、ちょっとの衝撃であれば簡単に壊れることはありません。また、ハードディスクが壊れなくてもデータだけが壊れてしまうということもあります。これは、機械としては正常なのですが、中身が壊れているので、使う方から見ればどちらも同じように必要なデータが読み出せず、大変困る事態です。


ハードディスクの中に、大事なものを保存している人は多いと思います。しかしそれが一瞬の内に消えてしまうということになったら、プライベートであれ仕事であれ大変な損失になってしまいます。大事なものを守るためにも、こまめにバックアップをとることをお勧めします。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル