ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  電源が切れた
promo-short
promo-long
promo-first-time

電源が切れた


パソコンの中には、ハードディスク(HDD)というものがそんざいします。簡単に言うと、CDのような円板が高速回転しているという仕組みです。ハードディスクは、機械的な衝撃などを与えると壊れてしまうことがあります。また、データを書き込むのには時間がかかるので、書き込み途中で電源を切ったりすると、データがきちんと保存できないこともあります。

パソコンのランプ表示の中には、「ハードディスクの書き込み中」を示すランプもありますので、マニュアルなどで確認しておきましょう。そのランプが点滅している時は、ハードディスクが動いているということですから、電源を切ったり、衝撃を与えたりしてはいけません。

ハードディスクの書き込み途中でもし電源をきってしまったら、どうなるでしょうか。せっかく作った文章は、保存の途中で止まってしまうこともあります。注意しなければならないのは、その文章が書いたところまでは保存されないということです。たとえ途中まで書いたデータといえども「ゴミ」と認識されて、捨てられてしまいます。すなわち、文章全体はあっさりと消えてしまいます。

ハードディスク上のデータは、すべてきちんと書き込まれて保存するか、全く書き込まれないかの二通りしかありません。通常の操作では、パソコンを終了するときは、パソコンの電源ボタンを押すか、スタートメニューの「シャットダウン」を選びます。そうすれば、データの書き込み途中で止まることはありません。大事なデータを残しておくためにも、こまめに保存しながら、ハードディスクの約束事をきちんと守りましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル