ハードディスクのトラブル HDDトラブル


ハードディスクのトラブル HDDトラブルトップ >  ハードディスクの構造
promo-short
promo-long
promo-first-time

ハードディスクの構造


パソコンのハードディスクは、いわばデータを保存しておく場所です。最近のパソコンでは容量も大きくなっていますから、一度パソコンを買えばたいていのデータは入れられます。ただ、適当に入れておくと、何をどこに入れたのかがわからなくなりますから、保存する時にはどのような名前を付けるかも工夫することが大切です。


ハードディスクの中は、物理的な構造とは関係なく、ソフト的に構造が作られています。「ドライブ」「フォルダ」「ファイル」というものが階層構造になっています。ファイルを保存する時にひとつだけ作業をするのであれば関係はありませんが、いくつかのファイルが関連しているファイルがあるならば、「フォルダ」を作成してその中に関係するファイルを入れておくと便利です。ファイルやフォルダの作成は、マウスの右ボタンで「新規作成」を選びます。名前を変えたいという場合は、同じく右ボタンクリックで「名前の変更」を選び、修正します。


「ショートカット」というものもあります。これは、ファイルやフォルダそのもののことではなく、マウスでクリックして該当のファイルを開きやすいようにした扉のようなものです。本当のファイルは別の場所に存在しています。「ショートカット」とファイルの本体の区別は、意識しておくひつようがあります。削除する時には、ショートカットを削除してしまっても、その本体は残っているからです。このようなファイルの構造は、実はハードディスクだけのものではありません。最近よく使われているUSBメモリーなども同じ構造で表現されています。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 ハードディスクのトラブル HDDトラブル All Rights Reserved.

化粧品サンプル